2010年04月20日

創造性と試行錯誤

 自由奔放に我が道を行く画家ピカソは、「美しい作品を創造しようとしても、五里霧中で苦闘しないとできないのでいつもギコチないものになってしまう。小綺麗に速く描くだけなら模倣者の方が遥かに上手い」、と語っています。天才ピカソにして然り!
 創造するにはまず考案どおりに試行してみて、失敗だと原因を見つけて工夫し直して再試行し、失敗するとまたやり直して、成功するまで試行と失敗を繰り返さねばならない。
 試行錯誤は創造に付きものだが、そうして失敗して道を模索する事で創造力がつくのだから、失敗も決して無駄ではなく役に立っているわけです。少年選手の練習でも試行錯誤は習得上達の為に必要なので向上心のある試行錯誤は認めてやるべきです。
 でも日本は外圧でないと変わらない国で、画一的で変化を嫌い創造性や才能に冷淡で育てる気がない。学校、社会、スポーツ界も試行錯誤の必要性に理解がないのが残念です。

[失敗経験が創造性向上に役立つ]
 昔の学生は虎の巻では力がつかないと言って使わなかったが、最近はそれどころが解答だけ暗記して自分で考えなくなったそうです。
 だがそうして得たものは裏打ちのない知識だけで身につき方が浅くて実際の物事にはあまり役に立ちません。それに対して、学業、職業を問わず自分で取り組み時間をかけて考え智恵を絞り試行錯誤を重ね苦労して得たものは、自ら体験体感して真に理解できた本物でしっかり自分のものになっているから、活用できて応用がききます。
 失敗は無い方がいいが、失敗は成功のもとというのも事実で、例えば無事に登山した経験は、次に山でピンチになった時役に立たない。道に迷ったとか遭難しかけた失敗体験があると役に立つ。それで経験豊富な登山家は晴天でも、この道は雨が降ると危ないとかここで迷いそうだなどと、起こりそうな危険や失敗をチェックして仮想演習をするそうです。
 実際、世間ではそんな事例が少なくない。そのため成功よりもむしろ失敗経験の方が役に立つと評価する風潮になって、最近は失敗学という学問まで開設されています。
 政治家や社長の地位を代々親から子へと受け継いでいく場合、先代を直接知っているニ代目はまだしも、三代目以後に駄目な人が出る事が少なくないのは、チヤホヤされて育って大人になってからも周りが庇う為にあまり失敗経験がなく苦労してないせいでしょう。

[生物の成長と試行錯誤]
 実は体験と試行錯誤は生物の成長や生活に不可欠なのです。探求反射、原創造性といって、ヒヨコは何でもつついてみて食物とそうでないものを体験で覚えていく。赤ん坊が何度も立ち上がろうと繰り返すのは、立ち上がる動作が出来る神経の配線を見つけてその神経回路を完成させる為です。最近の子供は幼児期に以前ほど遊ばないので上手な転び方、よけ方を知らないから簡単に怪我する。転ぶ体験と試行錯誤の不足で、その為の神経回路が未完成か、不完全か、作られても熟練してないのです。

[神経回路と教師なし学習]
 脳には無数の神経細胞があり細長い糸状の突起を出して次の神経細胞や突起に接続して電話線網のような神経回路網が張りめぐらされていて、人が何かしようとすると必ずその為の神経回路が活動して目的行動ができる。記憶、感情、思考などもそれぞれの神経回路が働いて感情や思考が起こるのです。
 神経生理学での学習とは脳に問題解決の為の神経回路ができて、次に回路内の神経細胞や突起の結合部(シナプス)が頑丈になり信号が通り易く機能が良くなる過程の事です。
 学習には二種類あって、一つは普通の(教師あり)学習で、答えを教えて順序よく回路を作らせて、うまく答えを出せるかどうかチェックして殆ど苦労しないで回路が完成する。
 もう一つは、教わらなくてもその人なりのやり方で考えて問題の答えを出す教師なし学習や探求反射、体験学習、遊びなどです。神経細胞は自ら選択して他の神経細胞と接続したり止めたりして自発的に神経回路を作れるので、教師なし学習では当人が試行錯誤し、神経細胞も同時にそのとおりに接続したり止めたり他へ移ったりして回路作りで試行錯誤して、目的を達成できる神経回路を作っていく。完成に要る経験回数は一回から数百回で完成不能もあります。サッカーでの創造性、感覚、プレーのコツなどは他人が教えられないもので、自分自身で努力して体得するしかなく教師なし学習で処理されています。

[創造性を発動させるには]
 創意工夫が必要なのに発想できない場合はどうするか?
☆ 皆が信じている事を先ず疑う。そして創造力がどのくらいあるかだ。(利根川進)
☆ 功を焦らず事実を丹念に追っていると新しい事に巡り会うものだ。(長野泰一)
☆ 関心のある異分野の知識や経験が多いと新しい発想が生まれる。(糸川英夫)
☆ 何でもいい。やってみろ!と言われると自由すぎて困る事がある(不良設定問題)。ポイントを絞って、君はこれをやれ!と拘束条件をつけると行動し易い。(清水博)
☆ 方向を決め方法は任せると身につく。創造性の世界は本音の世界だ。(山内昭夫)

[白紙で観察しないと判断を誤る!]
 創造する場合、常識や既成概念、情報、先入観などを全部捨てて、白紙で自分の眼でしっかり見て感じて頭脳を働かせないといけない。
 例えば前評判の良い映画を期待して見たら駄目でがっかりする事がある。本当は良い映画でもそうして先入観ができて見た為に、実物に接した時の印象や感情などが本来受ける筈のものと違うものになってしまったからで、何も知らずに白紙で見ればよかったのです。受け取り方に問題があるケースもある。好き嫌いのような感情で差別したり、心労や不快を避けたい為に楽観したり、時には勝利の意欲さえ感覚や思考判断を曇らせ狂わせる事があります。感情的な人、頑固な人は一度判断すると白紙で見直すことができません。

 思考が思い込みになってしまうと、訂正変更が難しいので判断処理が狂う事が多い。
 例えば試験で出来た答案を何回見直しても大丈夫だったので提出したが、採点されて返ってきたのをみると、こんな間違いにどうして気づかなかったのか!と呆れる事があります。
それは緊張していたからではなくて、答案が完成した時に脳の中にその答えを出した思考回路ができている為に、検算以外はいくら冷静に何回見直しても、結局、思考がその回路を通ってしまって同じ答えに行き着くものだから、ミスがわからなかったのです。
答案が返ってきた時、一目でミスがわかったのは、何日も経っていてその思考回路が解けてなくなっていたので、白紙で答案を見られたからです。だから計画、意見、文書などが出来上がったらすぐ発表しないで少し冷却期間をおいて見直すのが良いでしょう。

☆ 素直な心になったら全ての本質がわかる。人は皆とらわれて失敗する。松下幸之助
☆ ものを見る時は知識を忘れて全てを捨ててかからねばならない。白洲正子
posted by HFC at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記